浴室リフォームは最も人気のあるリフォームです。
要望で一番多いのは、

①とにかく寒い!!
②タイルが割れて水漏れしてるのでは?
③脱衣所が狭い・・・。
と言うお悩みです。
①、②のお悩みは、ユニットバスにすることにより解決します。
ユニットバスの気密性と防水性は抜群です。

しかしながら、価格が高い・・・。
メーカーは定価表示が原則ですので、まともに見ると「高い~( 一一)」!!

実際はユニットバスのエンドユーザー価格は定価の6~7割です。
定価が100万ならば、60万~70万です。
モノによっては5割価格もあります。

「なんだ~。んじゃ、手が届くなあ~。」・・・と思う事でしょう。

忘れてならないのは、
①既存浴室内部解体費(発生材の処分費も)
②給排水の接続直し
③電気照明器具や給湯リモコンの配線直し
④本体基礎工事
⑤脱衣室との取り合い復旧(床、壁、天井)
・・・などがユニットバスの本体の他、工事に追加されます。

上記の手間は人件費が主なので、皆様が思っておられる以上に高価になります。
結果、定価近くになる事が多いのです。

更に解体時に良く問題になるのが、浴室を囲んでいる土台や柱の腐朽です。
お家の耐久性にかかわる問題ですから、腐朽に対する処置を考慮してくれる業者を
選択しましょう。